新旧の借地法

借地権の種類についてですが、これは大きく分けて2種類あります。

借地法(旧法)、それから1992年の8月1日に施行された借地借家法があります。旧法については管理人の権利が強いことがあり、土地の返還が難しいというところにおいて、地主側にとって不利な面がありました。それに対して、新しい借地借家法では、借りることが出来る期間を定めた、定期借地権というものも設けられているのです。

借地相談
出典 《借地権相談 / ピタットハウス

1992年よりも前に土地を借りているという場合には、旧法の借地法が適用されます。これは、契約期限は決まっているのですが、更新することによって半永久的に土地を借りることが出来るというものです。存続期間は最低20年の30年、更新後の期間は20年であり、鉄骨造り、鉄筋コンクリートは最低30年の60年、更新後の期間は30年になっています

1992年8月以降から借り始めた場合には、借地借家法が適当されます。これには、5つの種類があって、普通借地権、それから定期借地権というものが存在しています。旧法、普通借地法の違いというのは、構造によって存続期間が異なるといったものです。現在のところは、旧法に該当するケースが多いと言われていますが、借地権付きの家を持っている、相続したりするという場合には、契約期間を確認することが大事になります。