2つの種類

借地権と呼ばれる権利についてですが、物件である地上権、債券である賃借権の2種類に分かれます。どちらも建物の所有を目的にして他人の土地を利用する権利です。ただし、この2つにおいては、権利の強弱において違いが見受けられるのです。

まずは地上権ですが、これは土地を直接的に支配できるという強い権利のことです。この権利の所有者は、地主の協力を得る必要もなく、地上権を登記して、第三者に譲渡することが可能となります。地主には、法的に登記の協力義務があって、借地権者の希望があれば、地上権の登記に応じる必要があるのです。

賃借権賃借権というのは、賃貸人の承諾を得、土地を間接的に支配するという権利になります。この権利の所有者は、地上権と比べて権利が弱いです。賃借権を登記する場合、地主の承諾が必要になります。第三者への譲渡や賃貸についても地主の承諾が必要になります。賃借権については、地上権のように地主には登記の協力義務はないです。

借地権と言うと、地上権が設定されているという物件はほとんどありません。賃借権が一般的です。賃借権は、地上権と比較したときには弱い権利なのですが、実質的な権利としては、地上権とほとんど変わらないとは言われています。

新旧の借地法