新旧の借地法

借地権の種類についてですが、これは大きく分けて2種類あります。

借地法(旧法)、それから1992年の8月1日に施行された借地借家法があります。旧法については管理人の権利が強いことがあり、土地の返還が難しいというところにおいて、地主側にとって不利な面がありました。それに対して、新しい借地借家法では、借りることが出来る期間を定めた、定期借地権というものも設けられているのです。

借地相談
出典 《借地権相談 / ピタットハウス

1992年よりも前に土地を借りているという場合には、旧法の借地法が適用されます。これは、契約期限は決まっているのですが、更新することによって半永久的に土地を借りることが出来るというものです。存続期間は最低20年の30年、更新後の期間は20年であり、鉄骨造り、鉄筋コンクリートは最低30年の60年、更新後の期間は30年になっています

1992年8月以降から借り始めた場合には、借地借家法が適当されます。これには、5つの種類があって、普通借地権、それから定期借地権というものが存在しています。旧法、普通借地法の違いというのは、構造によって存続期間が異なるといったものです。現在のところは、旧法に該当するケースが多いと言われていますが、借地権付きの家を持っている、相続したりするという場合には、契約期間を確認することが大事になります。

2つの種類

借地権と呼ばれる権利についてですが、物件である地上権、債券である賃借権の2種類に分かれます。どちらも建物の所有を目的にして他人の土地を利用する権利です。ただし、この2つにおいては、権利の強弱において違いが見受けられるのです。

まずは地上権ですが、これは土地を直接的に支配できるという強い権利のことです。この権利の所有者は、地主の協力を得る必要もなく、地上権を登記して、第三者に譲渡することが可能となります。地主には、法的に登記の協力義務があって、借地権者の希望があれば、地上権の登記に応じる必要があるのです。

賃借権賃借権というのは、賃貸人の承諾を得、土地を間接的に支配するという権利になります。この権利の所有者は、地上権と比べて権利が弱いです。賃借権を登記する場合、地主の承諾が必要になります。第三者への譲渡や賃貸についても地主の承諾が必要になります。賃借権については、地上権のように地主には登記の協力義務はないです。

借地権と言うと、地上権が設定されているという物件はほとんどありません。賃借権が一般的です。賃借権は、地上権と比較したときには弱い権利なのですが、実質的な権利としては、地上権とほとんど変わらないとは言われています。

新旧の借地法

借地権の種類について

借地権借地権という言葉ですが、これを耳にした人もいると思いますが、普段の生活の中ではなかなか耳にする言葉ではないかと思われます。不動産関係の仕事をしているような人では借地権について知っているかもしれませんが、初めて見耳にするという人もいるかと思われます。これは簡単に言うと、他人から土地を借りる権利のことです。

建物を建てるために土地を借りる権利ですから、駐車場や資材置き場というものは含まれていません。地上権と賃借権の2つがあります。賃借権については、建物を誰かに売却する場合に、地主に許可を得なければなりませんが、地上権の場合はそれが必要ありません。つまり、自由に土地を売買することが出来るというわけです。まずは、この2つの権利が借地権にはあることを知っておくことです。不動産に関することは、なかなか関わることではありませんが、万が一のために知っておいても損はないでしょう。

このサイトでは、借地権についてしっかりと知りたい、勉強をしたいという方のために、色んな役に立つ情報を記載しています。土地・建物の売買の時には、借地権についてきちんと理解をしていなければなりません。また、不動産関連の資格を取りたいと思った場合にも、借地権に関する問題は多く出題されるはずなのです。このサイトを見ることによって、借地権がどのようなものなのかをしっかりと理解をしていって欲しいです。そして、日々の生活の中でも、もしかしたら知識として使うときが来るかもしれませんね。

2つの種類